『モナリザ』がルーヴル美術館にある理由

前回せっかく重い腰を上げレオナルド・ダ・ヴィンチに触れたので、もう一つ、彼を通して書いてみたいことがある。

世界でも一番と言ってもいい有名絵画の『モナリザ』。
イタリアで生まれ、イタリアで育ち、フィレンツェ、ミラノ、ローマで活動したダ・ヴィンチのこの最後の傑作が、なぜ今フランス、ルーヴル美術館の所有で、そこに堂々と飾られているのかを知っているだろうか。
こういった場合、戦争での戦利品として持ち去られたというケースが多く、以前書いた「サンタ・ルチア」のミイラもそうだし、ローマのオベリスクもそうである。

ただ『モナリザ』の場合は違う。ダ・ヴィンチ自らがフランスに手渡したものなのだ。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20200824084641j:image

ダ・ヴィンチが生きた時代はまさにルネサンスの最盛期。豪華王とも呼ばれるメディチ家のロレンツォがこの時代を握っていた。今フィレンツェに豪華な美術品がひしめき合うのも、美へのこだわりを持ち、芸術にかけるお金を渋らなかった彼のおかげと言ってもいいだろう。
しかし何故かダ・ヴィンチは彼には気に入られなかった。
描く技術と魅力ではきっとフィレンツェで抜きに出ていたであろう芸術家をロレンツォは自国で大切に育てるでもなく、ミラノの公爵に紹介したのである。それはダ・ヴィンチフィレンツェだけに収まらなくなったきっかけともなる。

そのあとはそのミラノで16年を過ごし、パトロンの失脚や死去によりイタリア中を点々と渡り歩くこととなる。まさにこの時代に翻弄されるような人生である。
そして転機は1516年。ダ・ヴィンチの才能に惚れ込み尊敬と好意を寄せたフランス王フランソワ一世がその時代に翻弄されていたダ・ヴィンチに声をかけたのであった。

フランソワ一世はダ・ヴィンチにまず城を提供する。そして十分すぎる年金を与え、彼に自由を与えた。何を注文するでもなく、ただこのフランスにいてくれるだけでいいと言って。
今までわがままな注文に振り回され、やりたいことにも集中できないそんな人生を過ごしてきたダ・ヴィンチには最高の待遇であったのだろう。
500年後の今から見れば、その才能を最も近くで感じてきたイタリアがなぜ引き留めなかったんだと簡単に思うこともできるが、芸術家の溢れる変革の時代、芸術を求めるものも本当の美しさが見えていたわけではなく、私欲が優っていたのかもしれない。

フランスでの幸せな時間は3年間だったが、その幸せの中にダ・ヴィンチは永眠することとなる。(彼の亡骸もフランスのサン=フロランタン教会に埋葬されたのだが、こちらはフランス革命の戦火の中で行方知れずとなり、その後発見されるも未だ本物か調査中)
そして遺言にて彼がどこに行くにも持ち歩き、最後の最後まで描き続けたという、彼の最高傑作『モナリザ』をこのフランス王に遺贈すると遺したのである。
彼の人生を大切に思ってくれたフランソワ一世だからこそ、最も大切にしていたものを預ける決意に至ったのかもしれない

ということで、堂々たる理由を持って『モナリザ』は今、ルーヴル美術館の主役としてその存在感を見せつけているのである。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20200817143024j:plain

この話は、実は今の日本においては他人事ではない問題だと私は感じている。
ダ・ヴィンチの話を見れば、なんでイタリアはあんな天才を最後まで大切にしなっかたのかと思うことは容易いが、日本でも今同じことが起こっているのではないかと私は思うのだ。
私自身、芸術大学に通い周りには多くの美術家を目指す仲間がいた。
そしていざ社会へと足を踏み入れた時、その足の置き場のない日本の現状を目の当たりにするのである。
そうなるともちろん、ダ・ヴィンチにとってのフランスのような、それぞれにとっての優しい居場所を探すのである。500年前よりもより簡単に他の国へと移ってゆく芸術家たちが、私の周りだけでもたくさんいる。

現在は国の時代ではなく個人の時代である。
だからその人が一番輝ける形で世界で活躍していることが一番だと思う。
けれども、もし日本という国がもう少しだけ芸の術、美の術に理解があればと。
学ばせるだけではなく、利益のためだけではなく、活動するための正当なチャンスがあればと。
今私も他の国へ移りたいと考え始めたからこそ、慣れ親しんだ自分の国にも希望を求め、つい願ってしまうのだ。

www.cojitrip.com

 

私の苦手な芸術家、レオルド・ダ・ヴィンチ

大学生の頃一番面白いと楽しみにしていた授業が布施英利先生の『解剖学』だった。
そして最近布施先生の新書が出るということで、早速本屋さんで手に入れたのが『ダ・ヴィンチ、501年目の旅』である。

正直な話、私はレオルド・ダ・ヴィンチがあまり得意ではない。
世の中では散々彼について多くの書籍が出ている中、西洋美術も本も大好きな私が気がつくと避けていた芸術家である。
それがなぜか、この何ヶ月かで彼が私の周りでチラチラと顔を覗かせているのである。
まさかここの場でレオルド・ダ・ヴィンチについて書こうなんて、考えてもみなかったことなのだが、今がそのタイミングかと思い、一度今の想いを記すことにした。


まずなぜ私がレオルド・ダ・ヴィンチを避けていたか。
無意識が半分、また自身で気がついている点も半分ある。

一つはあまりに凄すぎるからである。
美術に興味がなくても誰でも知っている存在であり、芸術家としても研究者としても、軍事的な面でも、天才と言われる人物。私が少し彼について学んだからといって果たして理解ができるのか。できるとは到底思えず知ることすら遠ざけていた。

もう一つは絵画との向き合い方である。
彼の絵は計算の上で成り立つものが多い。黄金比へのこだわりや遠近法の扱いは、まずそれを叩き込んでからではないとレオルド・ダ・ヴィンチの作品と向き合ってはいけないのでは、というに気になってしまうし、人体についてもそうだ。構造を理解し熟知した上で向き合わなければ、彼の絵はなんの謎も私には解かしてくれないだろう。

なんとも子供じみた理由で恥ずかしいが、そんな想いも含め、無意識にも知ることを避けて生きてきてしまった。


ただ思い起こせば私は彼の作品をよく見ている(見に行こうとしている)ことにも気がつく。
モナリザ』も2作の『岩窟の聖母』も『最後の晩餐』も『スフォルツァ城の天井画』も。
そして今年予定していたフィレンツェでは『受胎告知』や『東方三博士の礼拝』、『キリストの洗礼』(これは部分だが)、そして今はなき『アンギアーリの戦い』の雰囲気すらも見にいく予定でいた。
気がつけば、最近、二回目の『ダ・ヴィンチ・コード』すら観てしまった。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20200817143024j:plain

夏休みにしては空いていた『モナリザ

f:id:shima-ad-studio-cojima:20200817143029j:plain

『最後の晩餐』は唯一これを見るために向かった

ただこれには理由もある。私は「ミケランジェロ」にとても興味があるということだ。
実はどの場所も(『最後の晩餐』以外は)ミケランジェロを見るために向かった場所である。
同じ時代を生き、ルネサンスを築き上げた「三代巨匠」のうちの二人。(もう一人はラファエロ
ミケランジェロを知ろうと読む書籍には大抵、対になるようにダ・ヴィンチが現れるのだ。
最近読んだ一冊では「序章」から「ミケランジェロとレオナルド」の見出しが入り、その比較は永遠に続いていく。

そして極めつけるように新しい書籍を布施先生が出したことで、私が避けていたダ・ヴィンチと向き合う機会が今生まれてしまったのだが。ただ、布施先生の文章を読んでいると実はそこまで気負わなくてもいいのではという気持ちにもさせてくれる。まるで学生の時に戻ったようで、授業を受けているような言葉や筋立ての感覚は、めずらしく心地よいダ・ヴィンチ体験であった。

でも、それでも。多分これからも私のダ・ヴィンチへの劣等感や親近感のわかない気持ちは、そう簡単に消えていくことはいと思う。同じ人間とは思えないようなこの天才が、やはり怖くてたまらないし、知れば知るほど絵の前に立った時の見透かされたような感覚も増すような気がする。
その一方でいつまでも彼を無視しているわけにもいかないこともよく分かっている。
彼を通らなければ、ミケランジェロにも手は届かないし、本当のイタリアにも出会えない。
せめてフィレンツェに行く前に。(悲しいことに時間はたくさんできたから)
今はミケランジェロの陰からチラチラと顔を覗かせる彼と、正面から対峙する機会を作らなければいけない。

ダ・ヴィンチ、501年目の旅 (インターナショナル新書)

中古価格
¥600から
(2020/8/18 08:52時点)

旅をめぐるように話が進むので、なかなか旅に出れない今、おすすめの一冊。


 

《地図の旅:ROMA》オベリスク編 -Vol,2 始まりのオベリスク-

誰がローマに持ってき始めたのか。
誰がローマに建て始めたのか。
の、答えに一番ふさわしいのではと思うオベリスクがある。

それがポポロ門にある「①フラミニオ・オベリスク」である。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20200620092014j:plain

地図上部に位置し、ローマの入口とも言われる門のある場所

f:id:shima-ad-studio-cojima:20200616085050j:plain

(Jens JungeによるPixabayからの画像)

実際のところ、ローマにある13のオベリスクは、持ってきた人と建てた人は大体がバラバラである。
ただ最も重要な、ローマに運ぶことを始めた人、今の再生されたローマに建てることを決めた人のどちらをも備えているのが、この「フラミニオ・オベリスク」なのだ。

では、それぞれの人物を紹介しよう。

 

まず持ってきた人。が古代ローマ帝国の最初の皇帝「皇帝アウグストゥスである。
ローマ帝国を作り上げ、西洋をローマのものとした彼が最初に持ってきたということは、自ずと「なぜローマに持ってきたのか」の答えは見えてくる。
そう、戦利品である。古代最大であったエジプトの大切なものをローマが奪うことで、自らの力の偉大さを見せつけたのだ。


そして建てた人。が「シクストゥス5世」である。
ローマ帝国が滅亡してから1200年ほど後。ローマ再生の肝となる、底辺からのし上がり教皇となった人物。
例えばパリの街を美しく整備し直したジョルジュ・オスマンのように、シクストゥス5世もローマの街を整備する基盤を作った人物といってもいいだろう。(在位が5年と短いため全ては叶えられなかったが)
その彼が目をつけたのがオベリスクであった。

ローマを再建するにあたり、地中からは古代ローマの遺跡が次々に発掘される。そしてその中にはエジプトから持ち帰った「オベリスク」も含まれていた。
そこでこの巨大な一枚岩を(発掘された時にはほとんどのものは折れてしまっているが)どうするのか考える。
1500年代。ローマといえば有数の巡礼地であった。
キリスト教徒たちのためその目印として、ローマを歩く道しるべとして、オベリスクたちを建てたのだ。
天に突き抜けるようなオベリスクを目指し、たどって歩けば巡礼が叶う。
グーグルマップのない時代に道に迷わないためのナイスアイデアである。

また太陽神のシンボルをキリスト教のシンボルへと変えることで、キリスト教が信仰の頂点であることも物語っている。
現に太陽神が宿るオベリスクの頂点に彼は十字架をつけた。


ここで、持ってきた時代と建てた時代に大きな開きがあるのは、ローマ帝国が一度滅びたからである。なので初めて建てたということでは、実はそれもアウグストゥスでもある。古代ローマ帝国に持ち帰り建てたとされる。
しかし、戦火の中に倒れ一度は地中に埋もれてしまった。
だから今私たちの目の前に聳えるオベルスクは、シクストゥス5世による設置の考え方がベースになっている、という意味で建て始めたとした。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20200620092010j:plain

今回の地図には

アウグストゥスが運んだもの
シクストゥス5世が建てたもの

の目印をつけて見た。
※その他はグレーとする

彼ら二人によって、今ローマでオベリスクは存在できる。
もし皇帝シクストゥス5世が歴史に不勉強であれば、オベリスクの存在に目をやることはなかったかもしれない。アウグストゥスが運んだことも、それが何であったかも彼はよく知っていたから。

歴史を、過去を、知ることは未来を作る。
過去のものたちがどう生き残るのか、それは現在にかかっている。
ものとして、話として、記録として、記憶として。

フラミニオ・オベリスクはそのことよく教えてくれる。

 

 

《地図の旅:ROMA》オベリスク編 -Vol,1 オベリスクとはなんなのか-

当分の間旅に出ることは難しいだろう。
少し前まではお金がスケージュールがと悩んでいたが、そんな悩みは贅沢すぎたのだ。
コロナウィルスが世界中で流行する今、努力したところでどうやっても旅には出ることができない。

そこで、今できることを。
将来訪れる目的地の予習を含め、様々なフィルターで地図を作り、そこからその地を学ぶプロジェクト《地図の旅》を始めたいと思う。

どんな記事にしたいか説明を続けるより、書いてみるほうがきっと早い。
まずは本当であればこの3月に巡るはずであり、終息後一番に向かおうと思っているローマから始めることにする。
ではここから、地図の旅に出よう。

✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎

オベリスク」を知っているだろうか。
この細長い石の柱のことなのだが。

私は今までこのオベリスクというものをあまり気にしたことがなかった。
言われてみればパリにもあったし、ロンドンの大英博物館でも出会っているはずなのに写真が一枚も見つからないのだから相当気にとまっていない。今となっては過去の自分を恨みたいとこだが、勉強不足だったのだから諦めるしかない。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20200518133203j:plain

パンテオン前のオベリスク(現地で撮影できていないためWaldo MiguezによるPixabayからの画像 )

ローマの街には現在この「オベリスク」という石碑が13本設置されている。バチカン含)
他の街よりもはるかに多く、それが街の中(博物館や美術館ではなく)にあるということを見れば、それはローマという街の大きな特徴といっても良いだろう。


オベリスクというのは本来、古代エジプト人が太陽神に捧げるために作ったモニュメントであり、一枚岩から切り出したそれは、主に神殿や宮殿で対になって建てられていた。いわばピラミッドの簡略版みたいなものであった。

だがその本来のあるべき場所や意味とどう結びつくのか、現在は13本もの「オベリスク」たちがローマに建てられている。それは何故なのか。
それを知るためにローマの街を俯瞰で眺めながらその理由を探りたいと思う。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20200520090854j:plain

最初にオベリスクの位置や名前と一緒に知っておくといいことが一つある。
それがこの地図に色の違いで表した、本物か偽物かである。
そうなのだ。ローマにはまさかの偽物のオベリスクが存在するのだ。
オベリスクに刻まれた碑文が古代エジプト文字のヒエログリフで書かれているからと言って騙されてはいけない。

がエジプトで作られた本物(オリジナル)
がローマで作られた偽物(模造品)
※半々のものは上部が本物、下部が偽物

地図で見ると、人気の観光地であるスペイン広場やナヴォナ広場のものが模造品であるのは意外である。
間違えてもスペイン広場ではしゃぐ大勢の観光客の目の前で、「あれはエジプトから持ってきたオベリスクというものだよ」とは自慢げに説明してはいけないのだ。

ただ模造品だからといって歴史がないわけでも、鑑賞する価値がないというわけでもない。
それぞれの時代にちゃんとした必要性を持って作られ建てられたのだからローマを知るためには大事な鍵ともなる。

では本物も偽物も含め、それらはなんのために、そしてどうやって今の場所に建つようになったのか。
それを知るためにも、一つずつつらつらと書いていきたいところだが、長くなりそうな上にまとめきれなそうなので、次回からゆっくり地図も使いながら深掘りしていこうと思う。

それぞれのオベリスクにそれぞれあるストーリーはなかなか個性的で面白い。
経緯を知ることできっと誰もがそれぞれにお気に入りのオベリスクに出会える。

そんな予感に期待して。また次回。

 

ぽっかり空いた2週間

今日出発する予定だったイタリアへの旅が中止になった。

正確に言えばコロナウイルスの影響から、今起こっていること、これから起こるかもしれないことを考えて、いつかのまたの機会に延期をしようと自分で決断をしたのだが。
その答えに至るまでなかなか諦めがつかず時間がかかってしまったし、いっそのこと日本からの入国を禁止と言ってくれた方が気持ちは楽だった。

本来であれば明日から目の前に広がるはずであったローマ、アッシジフィレンツェシエナの街々。
コロナウイルスという見えない恐怖と錯綜するニュースの中に儚く消えていってしまった。

コロナウイルスがヨーロッパに広がり始めた今、昔流行したペストのことが頭をよぎる。
あれほどの致死力はないにしても、カミューの書いた『ペスト』で語られるような、それと同じような混乱が現実に起こっているのだから。
目には見えないものへの恐怖。今の時代はそれに加え、ネットの中で渦巻く膨大すぎる本当なのかもわからない情報がペストの流行とも似た今の状況を作っているのだとも思う。


さて、このポッカリ空いてしまった2週間だが、一つやりたいことができた。
ボッカチオの書いた、ペストにもフィレンツェにも関係する物語『デカメロン』を読むことである。
その病魔の恐怖から逃れるためにフィレンツェのサンタ・マリア・ノッヴェッラ教会に集まった10人の若者が、街を抜け出し郊外に引きこもり、10日間で100の物語を創作して披露し合う話。

ウイルスが生み出した恐怖と不安を抱る今。
読んだ後にどんなことを思うのだろうか。
現実の渡欧は叶わなかったけれど、1300年のフィレンツェに旅する2週間になりそうだ。

デカメロン 上 (河出文庫)

新品価格
¥1,100から
(2020/3/4 21:24時点)

 

多すぎたヴェネツィアのゴンドラ

ヴェネツィアを好きになりすぎた理由の1つに、車がいないという感動の体験がある。
そして改めて気がついたのだが、車が存在しない空間というのはその時が初体験であった。
もちろん車もほとんど通ることのない静かな場所や、細すぎて侵入できないような歩道にかこまれた場所というのはある。
でも今までに車という存在自体がありえない、ましてや自転車という概念すらないような街に来たことはあっただろうか。
何度思い返してみても初めての体験である。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20191217163645j:image

ただそんな優雅でのんびりとした空間にも交通問題に悩まされる時代もあった。
それは1500年代のヴェネツィア
街は自家用ゴンドラを所持する人々で溢れ、もっとも多い時で1万艘のゴンドラがヴェネツィアの運河を埋め尽くしていたらしい。
それも今の黒く細長いおきまりの形ではなく、競うように装飾を施した、大きさも形もバラバラのゴンドラたちがである。
今が400艘ほどと言われているのだから、約25倍。比較して想像したらそれは相当な交通渋滞であったことは間違いない。
逆にどうやって進んでいたのかが不思議なくらいである。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20191223100739j:image

それらの政策費用の無駄遣いも含め、もちろんこれは街の大きな問題となり、1562年には政府が法令を定め、今の黒一色で先の尖った古来のゴンドラのみをヴェネツィアのゴンドラとした。
現在はこの法令自体は無効となっているようだが、冷静に街の景観や住みやすさのことを考えれば、ゴンドラが黒であり、あの形であることは今後も変わることはないのであろう。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20191223100741j:plain

今ではゴンドラのそのほとんどは、私たちのうような旅行者のための観光用として運用されている。
安らぎや美を求めヴェネツィアを訪れたものに至福の時間を演出してくれるひとつとして。 

実を言うと、こんなにもゴンドラ好きのように綴りながら、私はゴンドラに乗ったことがない 。理由は単純に少し高すぎる値段とTHE観光への躊躇から。
でもまた次の機会があるならば。
せっかく私たち観光客のために続けてくれているのだから、
この美しい伝統に乗って、過去の姿を想像するのも悪くないな。。と、今思い始めているところである。
 

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』-幸せを見つける天才-

この映画を見て、今まで私はずっと勘違いをしていたのだと気がついた。

本来ゴッホは最高に幸せな人だったのではないか。
彼の制作が波に乗り100枚を超える油彩を生み出した最後の2年間は特にだ。
少なくとも週に一度は、描きたくてどうしようもなくなるような感動する景色や瞬間に出会っているのである。
私たちは今、そんなに機会があるのだろうか。

         f:id:shima-ad-studio-cojima:20191130110356j:plain

確かにゴッホの人生はドラマを見ているような悲劇的な瞬間も多かったのだと思う。
画家になる前もそうだが、画家になってからも絵は売れず、望むような仲間もできず、耳を切り落とし、正常と狂気の間を行き来する。そして最後は拳銃で死を迎えるのである。
当時はゴッホ自身が何も語らなかったことから自殺とされたが、地元の子供たちの仕業かいたずらの末の誤砲ともいわれ、謎に包まれたままでもある。
どんな本や映画を見ても胸が締め付けられるような悲しみは切り離せない人物。それがゴッホであった。 

今回の映画の中で映し出される映像は何度もゴッホの視点へと切り替わる。
まるで自分がゴッホになったかのように。
それは彼が見た景色という単純なものだけではない。
その景色の広がる瞬間の感情やゴッホの目を通した色彩、また不安定な気持ちの中で揺れ動く目の運びや滲みやトーン。それに狂気に襲われ曖昧な意識の中では目の前はいつも真っ暗になってしまう。

今までであれば悲しいストーリーに包まれるようなゴッホを俯瞰していることが多かった。
それが今回は、喜びと悲しみを急激に感じ、私自身、感情のコントロールが難しく思う。まるでゴッホの人生を体感するかのような体験であった。

ただだからこそゴッホは幸せだったのだと私は気がついたのだ。
美しいフランスの自然の中に見つける最高に幸せな瞬間をゴッホは自由に見つけることができたのだから。
きっとその喜びは特別な人にしか与えられない神様からの贈り物だったのだろう。
彼にしか見えない色彩で自然たちが動き回る美しい瞬間を捉え描く術を、ゴッホは持っている。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181107005247j:plain

私は今きっと大きく損をしている。
ただただ流れていく日常を、ただただいつもの景色と思い何かを見つけようともしない。あんなにもゴッホが憧れた日本にいるにも関わらず、逆にフランスに憧れパリに恋焦がれさえしている。
ゴッホだったらと思う。
今私の目に映っている世界にどんな心揺さぶられる瞬間を見出し、捉えるのだろう。
彼は「幸せを見つける天才」である。
きっと思いもよらない瞬間が彼には美しく輝くように映るのだ。

gaga.ne.jp

--------------------------------------------------

映画を観る前にゴッホの人生や、彼とテオの手紙のやり取りなどを知っておくことをお勧めしたい。
今作で描かれるのは晩年の2年間。ゴッホのストーリーも多くは語られない。
彼が手紙で語るその場面や出会う人々は、気がつかなければただのなんでもない一場面になってしまう。それは少しもったいないので。

ゴッホの手紙 上 ベルナール宛 (岩波文庫 青 553-1)

中古価格
¥127から
(2019/11/30 10:54時点)

ゴッホの手紙 中 テオドル宛 (岩波文庫 青 553-2)

中古価格
¥335から
(2019/11/30 10:55時点)

ゴッホの手紙 下 テオドル宛 (岩波文庫 青 553-3)

中古価格
¥227から
(2019/11/30 10:56時点)