ピカソと悲しみのミノタウルス

ピカソは自らをミノタウルスとし描き、語ることがよくあった。
幼少のバルセロナ時代に見ていた闘牛の生と死がせめぎ合う強烈な印象から始まり、ミノタウルス自体の神話とも繋がる、生涯切っても切り離せない彼の分身として。
ピカソにとってそれはスペイン人の本質でもあり、人間的な「悲しみ」を表す一つの側面であった。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181213003611j:image

ギリシャ神話の中でのミノタウルスとは、クレタ王ミノスの妻であるパシパエと、彼女が恋した雄牛の間に生まれた頭は牛で体は人間の姿をした怪物を指す。
もちろんそんなことがあれば王が怒るのも当然で、ミノタウルスは迷宮へと閉じ込められた。その後何度目かの生贄として選ばれたテーセウスによって結局は退治されてしまうのである。
ミノタウルスに全く非はないのだがそれが運命なのが悲しい。

ピカソにとっては自分の通ってきた人生がこのミノタウルスに重なった。
悲しみを抱え、迷宮に迷い込み解放されることを望むもの。
彼は一生それを探し続けるのだがその役割を女性に求めつつも、最終的には絵を描くことで解放されることを繰り返している。
何度も迷宮へと迷い救いを求める人生。
天才というのもなかなか辛い。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181213003614j:plain

ミノタウルスを眺めていると、私にとって自分の分身のような存在とは一体なんだろうと考える。
やはり子供の頃からの強烈な記憶や印象はそれへと姿を変えやすいのかもしれない。
ただ今の所まだこれといったものは見つからないし、決めきれない。
ピカソのようにそれが一つとは限らないとも思っている。(フクロウも彼の分身として頻繁に現れる)
外に見える顔も内に隠す顔も、見た目や性格全ての側面に分身は見つけることができるはずである。
意図的だったり、ふと現れたり自分次第であったりなかったり。
今の時代、また今の私の生活の中で、自分とは何かという問いとただ向き合う時間は全くといっていいほどない。ただそれはいつかはやるべきことだと思っている。
まずは自分の分身を真剣に考えてみてもいいかもしれない。
ピカソにとってのミノタウルスが私にとっては何になるのか。そろそろ正面から向き合ってみたいと最近よく考えている。

平面と空間を行き来する -サヴォア邸の不思議-

パリに何度も行きたくなる理由の1つ、イル・ド・フランス。
市内から少し出かけたあたり、パリの周りはまた見るべきものに囲まれている。
その中に、車や電車で20分くらいのところ、ル・コルビュジエの名作サヴォア邸がある。
日本でも上野にある西洋美術館本館を設計し、世界遺産に認定されたことで人気も知名度も高い建築家でもある彼の波に乗り出した頃の作品である。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181208234817j:plain

サヴォア邸はその名の通り、サヴォア家の週末住宅として設計された。
サヴォア夫人の細かすぎる注文の中 ( 手紙の中でコンセントの位置や種類まで指定している )、ただ最高の環境と予算を持ってコルビュジエが挑んだ建築である。
また彼の提唱する「近代建築の5原則」( 1.ピロティー、2.屋上庭園、3.自由な立面、4.水平連続窓、5.自由な平面 ) を初めて全て実現し叶えたのも、ここサヴォア邸。
コルビュジエにとっても強い想いの残る作品なのだ。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181208234820j:plain

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181208234838j:plain

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181208234807j:plain

私がここを訪れた時、きっとここには何時間もいたと思う。
そんなに大きいわけでもない建物なのだが、不思議と惑わされる方向感覚に同じところをぐるぐると歩き回った覚えがある。
コルビュジエの作品は記録も写真も多くある。ここに来る旅の前、気持ちを高めながらサヴォア邸の写真を何度も眺めた。
それはいい意味でとても平面的で、色面分割されたグラフィックの様に感じていた。
外観の四角いデザインからもシンプルな構成を想像していたのだが、体感は全く違く複雑なものだったことは驚きの1つだった。
少し足を進める度に切り取られる景色も、壁や柱の形も、先につながる新たな空間への期待も驚くほど急激に変化する。
写真からは全く読み取れなかったこの不思議な感覚は、いつでも鮮明に思い出すことができるほど印象的であった。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181208234834j:plain

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181208234831j:plain

それと同時にどこを切り取っても絵になるこの建築空間は、誰もが写真を撮ることに夢中になる。
周りを見れば皆、カメラを構え何度も何度もシャッタを押している。
それは観光地でみられる記念撮影とは違い、ただ純粋に自分の良い構図を探し楽しむ人が多いことにこの空間の芸術性の高さを改めて感じた。
写真で表現できなであろう体感の中で、矛盾も少し感じながら、カメラを通して切られる平面的な魅力にも夢中になっているのだから、本当に不思議な建築物である。
平面と空間、フレーミングと現実を行き来しながら、何が本当の感覚なのかがわからなくなるのも、なんだか夢の様で心地がいい。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181208234811j:plain

とにかくサヴォア邸へ行きたいと少しでも思えてもらえたら嬉しい。
と言いながら、私もまた行きたい。と書きながらに想像を膨らましている。
今度は違うカメラを持って、スケッチブックもいいかもしれない。あの芸術作品と再び向き合うその機会が楽しみである。

コルビュジエの話はいくらでも尽きないのだが、来年2月に行われる展覧会に期待しながら、またその時に書けたらと思う。

サヴォワ邸/ル・コルビュジエ (ヘヴンリーハウス-20世紀名作住宅をめぐる旅 1)

中古価格
¥1,520から
(2018/12/9 00:04時点)

「駒井哲郎―煌めく紙上の宇宙」

日本での銅版画の位置付けは決して高いとは言えない。
作品としての値段で言えば、複製が可能な版画はもちろん世界中で低くはなるが、日本でのその歴史は比べ物にならないほど近年に入ってから確立されてきた。
と言いつつも、その後すぐにプリンティングの技術が発展し、版画とは絵画よりも安く印刷よりも高い微妙な位置付けになってしまった気もする。
今でも大学教育の中で『版画』というのは他の中に付属されることが多く、それ単体としての力はあまり強くない。
私が大学に勤めていた何年か前にも版画の工房は縮小され、銅版もリトグラフも姿を消していった。なかなか抗えなかったのを悔しく覚えている。

そんな日本の版画の世界にも見るべき作家は多くいる。
その一人が1900年代に活躍した駒井哲郎であり、現在横浜美術館でその作品多くを観ることができる。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181202225940j:image

彼は銅版画の先駆者とも言われるだけあり、とにかく表現も知識の幅も広い。
それは研究者のようでもあり、到底一人の作家だけのものではないように感じた。
彼が56歳で亡くなっているとはつくづく思えない。 

特に晩年に行くほど技は熟練し、それを持って最高のものを更新し続けている印象であった。
こんなにも若く亡くなっていなかったら、一体どこまで上り詰めていたのだろう。

またこの展示は、彼に影響を与えた作家の作品も同じ空間で並ぶことも
見どころの1つである。
中でも私の気持ちを盛り上げたのはデューラーとクレーであった。
銅版画といえばこの2人無くしては始まらないほどのキーパーソンである。
(展示のサブタイトルにあるルドンもそうなのだが、今回は置いといて。。)

デューラーは銅版画表現の自他共に認める天才であった。
彼自身、自信家な性格も相まってその印象はより強いものとなって今に残るのだが、細密な線での描写力は今の時代にあっても飛び抜けていると思う。
版画以外でも彼の才能は開花しているが、版画の魅せる描いた痕跡から解くように見えてくる制作の技には何度でも釘付けになる。

それとは反対に版画では鳴かず飛ばずだったのがクレーである。
現在の日本での知名度であれば反対のようにも感じるが、クレーの名が知れるようになったのは色彩を知ってからである。
ただ売れなかった時代の版画作品はクレーの本質でもある。
人とは違ったそのセンスも、時代を感じさせない劣化のない感覚も足を止めざるを得ない光り輝く魅力がある。

駒井とこの二人には版画以外にも共通点がある。
クレーはチュニジアを旅し色彩と出会い、デューラーはイタリアを旅しその影響を生かし続けた。
そして駒井はフランスを旅して版画世界の大きな壁を見た。
それを乗り越え、より多くを吸収する力を持って、今日本に彼の作品がある。
それぞれ全く違う人生を生きただろうが、彼らは間違いなく旅したことで作品も人生も変わった。
旅は時として本当に大きな魔力になる。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181202225945j:plain

版画の展覧会は絵画や工芸品ほど人気の出るものでもない。
だからゆっくりと贅沢な鑑賞ができることは大変嬉しいのだが、今回はそれを諦めてでも多くの人に見てほしいものだと感じた。
複製品のため絵画とは違い値段も安い。
有名作家や過去の偉大な作家のものですら買えない値段ではないこともある。
昔祖父がヨーロッパでゴヤの銅版画を購入してきたことがあるが、ヨーロッパの古書店を覗けば宝探しのように見つけることもある。
最近はマティスリトグラフをお土産に頂いたが、ヨーロッパでは日本で感じるよりももっと身近に、生活に溶け込みやすい作品として版画を楽しんでいる。
私たちの暮らしと美術がもっと無理なく近づくために、版画は良いきっかけ作りをしてくれる。
yokohama.art.museum 

《教会を知る Vol,2》 2種類のキリスト磔

美術館でも、本の中でもそうだが、キリストが十字架にはりつけられているにもかかわらず、目をバッチリと開いている姿に出会うと私は少し不気味に感じる。
それが薄暗い教会の中であれば、出会った瞬間ギョッとしてつい目をそらしてしまうだろうと思う。
それとは逆に目を閉じてぐったりと吊るされるキリストは、本来であれば痛々しい姿にもかかわらずいつも通りの見慣れた姿に安心する。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181127232000j:image

この2種類のキリストの磔には昔の人々の全く違った心理が隠されている。
まず見分け方は簡単である。
目を見開き手足もピンと伸ばし脇腹に傷もない生きるキリスト。(洋服を身に纏っていることもある)

目を閉じ手足もだらっと垂らし脇腹に傷を持つ死せるキリスト。
私たちが教会で見つけやすいのは後者の方だと思う。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181127231119j:image

この違いは以前も書いたように、元々の純粋なキリスト信者と、異教徒からキリスト教へと移っていったものたちの考え方の違いが関係する。
それは人間信仰か自然信仰かに大きく左右されるのだが、
前者の場合は人間の起こす奇跡が信仰の対象となる。
なので磔られ死んだとしても復活する奇跡を目の前に拝むことが求められた。
後者の場合は自然が最も偉大であり、そのために捧げる生贄が重要であった。
そのためキリストが自然への生贄として死をもってその身を捧げる姿を望んだのである。

この違いもクリスマスの日付のようにまた絡み合った複雑さを含むのだが、最終的に目を閉じたキリストを多く見かける今、そちらに軍配は上がり折り合いをつけたのだと想像する。

この目を開いたキリストに会うためにはロマネスク教会を訪れるのが一番の方法だが、昔の小さな教会は田舎にあるのが常で、それだけのために旅程を組まなければならない。
そんな時は都市にある美術館や博物館を訪れるのも1つの方法である。
宗教戦争などの結果ではあるが奇跡的に残った一部として展示されているその姿は見ることができると思う。

教会で出会う目を見開いたキリストに1人で会いに行くのは少し怖い。。
目が合ってしまったらどうしようかと思う。
特にゴシック教会とは違い、窓も小さく天井も低いより暗い暗闇の中で、その姿はきっとじわ〜っと浮かび上がるのだろう。
今回これを書くのに美術館では観たはずである目を見開いたキリストの写真を探してみたのだが、一枚も見つけることができなかった。
もしかしたら無意識のうちに、人間が生き返る奇跡に怖さを感じ避けていたのかもしれない。
ただ、いつかは小さな教会に足を運び、それに出会おうとは決めている。

偶然のお土産

旅の最中にある必然の出会いの中に、ふと、偶然の出会いが紛れ込むことがある。
今年の春に起こったそれは、ヒエロニムス・ボスの祭壇画との対面であった。

ヴェネツィアのアカデミア美術館。
そこにあったのが『聖女の殉教』という三連祭壇画である。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181122224322j:plain

『聖女の殉教』ボスが貼り付けの女性を描くのは珍しい

本来はオランダのシント・ヤンス聖堂の祭壇にあったのではと云われており、その後ヴェネツィアの貴族であるグリマーニ邸に飾られていたらしい。
なぜヴェネツィアに渡ったのかは謎であるが、その後もドゥカーレ宮で祭壇画として飾られていた。
それからはウィーンへと移動することとなり、なぜかまたヴェネツィアに戻ってきたのだが、火災の損傷もありその後はなかなか見られることがなかったものである。
修復後グリマーニ美術館が所蔵し、公開しているとは聞いていたが、ここで急に現れるとはまさに思ってもいない出会いだった。
修復を終えた記念に巡回展がささやかに開催されていたらしい。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181122224314j:image

彼の場合は人生そのものが謎に包まれており、これだけの知名度がありながら作品数もダントツに少ない。25点の油彩画と8点のデッサンだけが現在認められているが、それだけだ。
それもボスに出会えた驚きの理由の一つである。

ボスは画家の一族に生まれ、画家になるべくしてなった。(一族の描いた絵画作品は一つも残っていなのだが)
裕福な女性と結婚したこともあり、お金には困らずただただ好きな絵を描き続けたと云われている。
絵だけを見れば変わり者のようだが、敬虔なキリスト教信者でありモラリストでもあった。絵の細部にキリスト教にまつわる事物が散りばめられていることは、それをよく物語っている。
彼のことは他人の記録か公の記録しか探る方法がないので、議論の範囲での情報が多い。ボスがどんな人生を生きていたかは年代も含めわからないことだらけである。
そのため描いた内容にしても解明されず、未だ多くの議論が渦巻き続けている謎の人物の代表格である。
ただそれは今になっても尽きない話題として人々が思考を巡らすのだから、今後もこの画家は忘れられ古びることはないのであろう。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181122224309j:plain

アカデミア美術館 中庭

旅に出る時、観たい絵画、彫刻、教会と調べてそこに向かうことは多い。
なのでそれらは決められた出会いであり、必然として目の前に現れる。
それは長く待ち望んだ瞬間で、対面するまでの学びや想像の答え合わせをする大切な時間である。
ただ稀に、このボスのような突然の予期せぬ出会いはその旅に思わぬ楽しみを与える。
その瞬間の驚きもいいものだが、日本に帰ってきてからの調べ考える時間は最高のお土産である。
特にこんなにも謎めいたことだらけの彼であればなおさら、いつまででも楽しめる。

この出会いに感謝しながらも、また次に起こるであろうその偶然がもうすでに待ち遠しい。
ただそれはきっと忘れた頃にやってくる。
なので心の隅に期待を隠しておかなくてはならない。

---------------------------------------------------------------
アカデミア美術館 Galleria dell'Accademia di Firenze
開館時間|8:15-18:50
休館日|月曜


goo.gl

www.galleriaaccademiafirenze.beniculturali.it

 

「アルヴァ・アアルト――もうひとつの自然」

アルヴァ・アアルトーー もうひとつの自然』が現在、神奈川県立近代美術館葉山で行われている。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181119235805j:image

アルヴァ・アアルトフィンランド出身の建築家であり、家具ブランド『アルテック』の設立者でもある。
日本ではその椅子やシェルフ、花瓶などでよく知られているのではないかと思う。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181119235825j:plain

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181119235821j:plain

時代はコルビジェと同じく(10歳ほど年下ではあるが)1900年代前半から後半にかけて。
近代主義建築に北欧らしい新しい風を吹き込んだ人である。
私は建築家ではないので彼の技術的なところを読み解くことはできないが、個人的に感じたことを少し書こうと思う。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181119235830j:plain

私は彼の実際の建築を見たことがない。
それが今回展示を見るにあたり大きなネックになった気がした。
彼のいいところはタイトルにもあるように、北欧ならではの『自然』への敬意である。
寒空と生い茂る木々、雪の作る白い世界とひんやりとした空気、張り詰める静けさと誰もいないポツンと感。
それぞれの景色の中で調和がとれた建築物を存在させるアアルト。
そんな印象からただただその場に立って見たいという気持ちだけが増していった。
特に展示に付随する、現代写真家アルミン・リンケの写真も手伝ったと思う。
この建築物たちはその場に行かなければ何も理解できないというのが一番の感想だった。
展覧会を見ているとたまに同じような感想を抱くことがある。
ヴェネツィアの絵画なんかは特にそうである。何も変わらない街でそれを見るからこそその歴史の重さにハッとさせられるのだから。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181119235801j:plain

アアルトの良さには素材に熱心なこともある。
これもやはり『自然』との結びつきは強く、自然から学びよく研究を重ねている。
今回の展示でその側面を見られたことはとても興味深かった。
フィンランドは寒い国である。
そのせいか彼の建築は建物の内側に暖かい形をよく見かける。
特に木の生み出す曲線はいろいろな技術を持って建物から家具まで随所に見られるのが面白い。
タイルや銅、レンガなどパーツからなる素材の扱い方もグラフィカルな楽しさとモダンさがさりげないセンスをキラリと光らせている。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181119235816j:plain

椅子に使われる曲げ木も自然を生かした綺麗な技術である

葉山美術館は逗子駅からバスで20分ほど。
それこそ海に囲まれた自然の中に建っていて、美術館を出て少し歩けば日本らしい海が広がる。
アアルトの創った北欧の景色に出会うその時を想像しながら、日本のこの海の景色に感動する。
遠いようで、真逆なようだけれども、意外にも何かが似ていた。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181119235811j:plain

-----------------------------------------------------------------
アルヴァ・アアルト――もうひとつの自然」
2018年9月15日(土曜)~11月25日(日曜)www.moma.pref.kanagawa.jp展覧会図録

アルヴァ・アアルト:もうひとつの自然

中古価格
¥3,548から
(2018/11/20 00:37時点)

----------------------------------
神奈川県立近代美術館葉山
〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色2208−1
開館時間|9:30-17:00
休館日|月曜
goo.gl

奇跡に出会う旅 -ヴェネツィアで-

人間、『奇跡』という言葉にはつい惹かれてしまうのではないかと思う。
長く歴史に残るそれであれば、私にとっては更に魅力的に輝く。
ヴェネツィアに向かう前、手にした本の中に書かれていたガラスの奇跡は、そんな私を簡単に魅了した。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181117104611j:plain

ムラーノ島

ヴェネツィアと言えばヴェネツィアングラスをお土産にと考えない人はいなくらい、ガラスは有名な産業である。
無色透明なガラスを初めて作ったのもここヴェネツィア
特に本島から船で20分ほどのところにあるムラーノ島は、ガラスの島としてその名はよく知られている。
そのムラーノ島のガラス博物館に奇跡のガラスは飾られている。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181117105343j:image

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181117002703j:image

その奇跡は本島の一番賑やかな場所、サンマルク広場の鐘楼で起こった。
約100年程前、その鐘楼が一瞬のうちにその姿を崩すという事件があった。
一週間ほど前から亀裂が少し見えてはいたが、これといった予兆はほとんどなかった。
突然上からまっすぐ下へ、内側へ巻き込むような、奇跡的な崩壊が起こったらしい。
そして奇跡的にも誰も亡くなる事もなく、周りの建物すら少し削れる程度の被害で済んだと言う。
この時点でもすでに奇跡的なことが続いているのだが、この後その粉々になった瓦礫の中から無傷のガラスが見つかったのである。
すべてのものが跡形も無くなった中からそれは発見されたのだ。
これこそ奇跡のグラスである。
そしてこのグラス、鐘楼の崩壊前には誰もその姿をみたことがなかったらしい。
奇跡とともに少しミステリアスな香りもする。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181117104615j:plain

実際の奇跡のガラスは時とともに上下がかけてしまっていた。
ガラスというのは本当に脆く、儚い素材である。
ただこれを見つけた時の人々の驚きと、感謝はここに大切にしまわれている事実がしっかりと物語っている。
確実に奇跡は起こっていたのである。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181117105338j:plain

このガラス博物館には以前日本のテレビでも紹介されていたもう一つの奇跡のガラスも展示されている。
こちらは技術の奇跡である。
このガラス、人が歩く振動だけで螺旋を描く足の部分が、まるで柔らかい何かのように揺れるのだが、。
恐ろしい鑑賞体験であった。歴史的美術品を壊すかもしれない恐怖と隣り合わせなのだから。
でもただとても美しい奇跡であることには間違いない。

f:id:shima-ad-studio-cojima:20181117104623j:plain

ムラーノ・ガラス博物館

ヴェネツィアに行く機会があればここはぜひお勧めしたい場所である。
そしてその道すがらも私のお気に入りなので、またそれについても書きたいと思う。

--------------------------------------------
ムラーノ・ガラス博物館
Fondamenta Marco Giustinian, 8, 30141 Venezia VE, イタリア
開館時間 | 10:00-17:00
一般チケット | 12€
website |

museovetro.visitmuve.it

goo.gl